余寒見舞いの時期はいつまで?はがきはどのようなものが良い?

 

 

日本には四季があり、それにちなんだ季節柄のお見舞いを伝える挨拶があります。

もちろん最もメジャーな「年賀状」も年始の挨拶を伝えるものですが、それ以降にも使える便利な時候の挨拶があります。

その一つに「余寒見舞い(よかんみまい)」というものがあります。

余寒見舞いは時期も決まっていて、知っておくととても便利な挨拶方法です。

余寒見舞いの時期やどういった場合に使えるか、はがきの種類などについて紹介していきます。

 

スポンサーリンク

余寒見舞いって何?

寒中見舞いは比較的よく聞く言葉だと思いますが、それ以降に出す挨拶は「余寒見舞い」と言います。

例えば年末に不幸があったりしてばたばたとして年賀状すら出せなかった…。

寒中見舞いを出すタイミングも逃し、もう相手に連絡する方法はないの?と悩んだらぜひ「余寒見舞い」を活用しましょう。

 

 

 

 

余寒見舞いが出せるのはいつまで?

1月から2月にかけて時候の挨拶というと、年賀状も含めると以下のようなものが挙げられます。

1月1日:年賀状

1月7日~1月下旬:寒中見舞い

2月4日(立春)~2月下旬:余寒見舞い

 

余寒見舞いとは寒さがまだまだ厳しい2月に、相手の体調などを気にかけることで高齢者や寒冷地に住む人に送ると喜ばれる挨拶です。

余寒見舞いの時期は2月4日の立春から2月いっぱいに出せるので、暦の上では立春とはいえまだまだ寒い時期。

相手の健康を気づかう心の余裕を持てるといいですね。

 

 

スポンサーリンク

 

 

余寒見舞い 決まった文面ってあるの?

寒中見舞いでもある程度の文例がありますが、余寒見舞いでも文面の構成はほとんど同じです。
 

・季節の挨拶(余寒お見舞い申し上げます)

・相手の健康や安否を尋ねる言葉(梅の便りが届く季節になりましたがいかがお過ごしでしょうか/水栽培のヒヤシンスがつぼみをつけましたが…/こちらでも珍しく大雪に見舞われましたが…)

・日付

 

このような順で構成していくと余寒見舞いは難しくはありません。

ここで文例をご紹介します。

これをもとに自分の言葉に直してみてください。

 

文例

余寒お見舞い申し上げます。

立春とはいえまだまだほど遠く、寒い日が続きますがいかがお過ごしでしょうか。

お蔭さまで私どもは家族皆元気にしております。

時節柄、お体を大切にされ、ますますのご活躍をお祈り致します。

平成○年2月○日                     

 

 

スポンサーリンク

 

 

どんなはがきで送ると良い?手紙はダメ?

余寒見舞いの時期や文面をチェックしたところで、はがきはどんなものを使ったらいいか知っていますか?

年賀状の余り?官製はがき?それとも専用のはがきがあるの?

余寒見舞いには通常はがき(官製はがき)や文具店などで販売されている季節の絵柄が入ったものなどを選ぶとよいでしょう。

専用のはがきはありませんが、数多く書く予定の方はネットなどで印刷できるサービスなどもあります。

数枚しか必要ないという方は、通常はがき(官製はがき)や文具店で購入するとよいでしょう。

間違っても年賀状の余りは使わないようにしましょう。

 

 

 

 

さいごに

余寒見舞いという時候の挨拶を知らなかったという人も実は多かったのではないでしょうか?

余寒見舞いの時期や書き方を知っておけば、上手なお付き合いができそうですね。

 

 

スポンサーリンク

 

 

このページの先頭へ