年末年始

「良いお年を」英語・中国語・韓国語・フランス語!ビジネスで使う場合は?

投稿日:

 

 

もうすぐお正月ですね。

師走になると、街で知り合いに合うとこんな言葉をかけたりしませんか?
「良いお年を」。

この「良いお年を」という言葉ですが、日本だけでなく世界中にも同じ意味合いの言葉があるんです。

良いお年をビジネスシーンでも活用して、顧客や取引先の人に印象に残る年末にしたいですよね。

ここでは良いお年ををビジネスで使う場合の表現方法を英語、中国語、韓国語そしてフランス語の4つをご紹介します♪

 

スポンサーリンク

「良いお年を」英語で表現したい場合

最近ではビジネスシーンで英語を使うことも多くなっています。

取引先や仕事を依頼する相手が英語を母国語としている場合は、ぜひ英語で表現したくなります。

ちなみに英語で「良いお年を」とは「I wish you a Merry Christmas and a Happy New year!」となります。

これを読んであれ?と思った方もいるのでは。

なぜMerry Christmas という言葉が入るの?と不思議に感じるかもしれませんね。

ちなみにアメリカなどでは「あけましておめでとう」と「良いお年を」という意味をクリスマスカードに書いて送るので、こういう表現になるわけです。

クリスマスという言葉を入れないのであれば「Best wishes throughout the coming year」とするとよいでしょう。

 

 

スポンサーリンク

 

 

「良いお年を」フランス語で表現したい場合

フランス語で「良いお年を」(ビジネス)と表現する場合はどのように書くと良いのでしょうか。

フランス語では「Bonne Année」と表現します。

ちなみにフランスにも年賀状を送る風習はありますが、日本ほど盛んではありません。

日本は一人で何十枚も送るという人も多いですが、フランスはその人と会ってその時に新年の挨拶をするというケースが多いようです。

ただし、会社や起業されている場合は日本と同じようにお付き合いとして出すというパターンが多いようです。

 

 

 

 

「良いお年を」中国語で表現したい場合

中国語で「良いお年を」と表現する場合はどのように書くべきなのでしょうか。

中国語では「过年好!」(良いお年を!)や「祝你过个好年」(良いお年をお迎えください)といった表現を使います。

中国のお正月は旧暦のお正月を差し、日本のお正月とは時期が異なります。

中国でも日本と同じように新年を祝う年賀状を送る習慣があります。

きり絵や赤や金といった色使いのものが好まれ、現地の郵便局でもそうしたグリーティングカードのようなものが販売されています。

 

 

スポンサーリンク

 

 

「良いお年を」韓国語で表現したい場合

韓国語で「良いお年を」と表現する場合は、どのように書くとよいのでしょうか。

韓国語では「새해(에) 복 많이 받으세요.」(セヘ(エ)ポン マニ パドゥセヨ)と表現します。

韓国では一般的に日本と同様太陽暦を使っていますが、お正月などは旧暦で行われています。

そのため日本でいう1月1日はそこまで盛大にお祝いするわけではなく学校や会社も休みにならないことも多いようです。

 

 

 

 

さいごに

こうしてみると、お正月は世界各地でお祝いする大切な日なんですね。

英語だけでなく、中国語や韓国語などさまざまな言語が使われるビジネスのシーン。

「良いお年を」をビジネスで使って、お互いが仕事をしやすい環境を作ることも大切かもしれませんね。

 

 

スポンサーリンク

 

 

-年末年始

error: Content is protected !!

Copyright© lipires , 2018 All Rights Reserved.