師走の候 使い方を知って教養深さをアピール!

 

 

日本には四季や時節柄を大切にする文化があります。

お正月やお雛祭り、端午の節句や七夕、お盆など古くから大切にされてきた行事でこれからも継承していきたい事柄ばかりです。

ちなみに手紙などを書く場合にも季節ごとを表現する言葉があり、そうした言葉のことを「時候の挨拶」といいます。

時候の挨拶にはいろいろありますが、12月から年末にかけて使う言葉に「師走の候」という言葉があります。

初めて聞くという方も多いかもしれませんね。

この「師走の候」という言葉を知っておくと、手紙やメールを書いたりするときに教養がある人という印象づけにもなります。

知っていると知らないのとでは大違いのこの言葉。

年の瀬が押し迫っているこの時期こそ、ぜひ知識を深めておきましょう。

 

スポンサーリンク

「師走の候」読み方、意味を押さえよう!

師走の候とは、なんと読むか知っていますか?

「しわすのそうろう」?なんて読んでいたらそれは間違いですよ!

実はこの読み方は「しわすのこう」と読むんです。

師走は読めても「候(こう)」は読めなかった…なんて方も多いのでは?

ちなみに師走っていうぐらいだからなんだか年末を意味する言葉なんだろうな…と想像がつくかもしれませんね。

「師走」とはお坊さんでさえ走るほど年末のこの時期はみんな何かにつけて忙しくするという意味を表します。

確かにこの時期は仕事納めに向けた追い込みや年末の大掃除、年賀状の用意におせち料理の準備とやることは山積みですね。

 

 

スポンサーリンク

 

 

「師走の候」使い方と使える時期を知ろう!

ではこの言葉の意味が分かったところで、どうやって使うのでしょうか?

注意したいのは、この言葉を使う際に必ず文頭で「拝啓」を持ってこなければならないという点です。

具体的な使い方は文例でチェックしていきましょう。

 

 

文例1
拝啓 師走の候(以下**表記)、ますますご清祥のこととお喜び申し上げます。

 

文例2
拝啓 **、いよいよご清福の由、なによりと存じます。

 

文例3
拝啓 **、ますますご壮健にてお過ごしのこととお喜び申し上げます。

 

 

基本的に時候の挨拶のあとは安否の確認を表現する言葉がきます。

また上記文例は前文となり、ここから「本文」「末文」を立ててまとめます。

ちなみにこの時候の挨拶は、12月上旬から中旬にかけて使う言葉です。

 

 

スポンサーリンク

 

 

12月下旬に使える言葉はこれ!

使える時期が分かったところで、12月下旬にかけて使える時候の挨拶はどんな言葉があるのでしょうか?

それが「歳末(さいまつ)の候(そうろう)」です。

まさに年の瀬が迫ってきた下旬の時期に使う言葉で、12月31日まで使うことができます。

 

 

 

 

まとめ

師走の候という言葉は、普段あまり目にしない言葉であったり話し言葉として使わないため意外と知らない人も多い表現です。

この言葉以外にも、春、夏、秋と時候の挨拶と呼ばれる言葉が数多くあります。

なかなか使わないけれど、実は知っておくととても重宝するこうした言葉。

こうした表現を身につけて、ぜひ印象に残る手紙やメールを送ってみませんか。

 

 

スポンサーリンク

 

 

このページの先頭へ