年末年始

お年賀の時期は?いつからいつまで?ビジネスの場合は?

投稿日:

 

 

お世話になった方へ贈り物をするといえば、お中元やお歳暮が一般的です。

ただお正月に帰省したりする場合、手土産なしでは帰りにくいですよね。

でも、お歳暮をしたばっかりだし…なんて思っているあなた。

その場合、気持ちを形にしたものを「お年賀」として持参しましょう。

手ぶらで帰るよりも”できた嫁”、好印象として残ります。

ではお年賀の時期って決まっているのでしょうか?

お年賀の時期が決まっているのに、実は知らなくて赤っ恥をかいた!

なんてことにならないように、大人としてのマナーをしっかり知っておきましょう。

 

スポンサーリンク

お年賀の意味

お年賀という言葉の意味を知っていますか?

古くは新しい年の神様にお供えをしていました。

それが時代を経て、神棚や仏壇に供えるお供え物として現在に至っています。

ちなみにお年賀はその家の家長に、お年玉は子供に渡すものとして今でもその慣習は残っています。

 

 

 

 

お年賀の時期 いつからいつまでに贈るべき?

お年賀の時期は、正式に決まっています。

正月三が日の間、つまり1月1日~1月3日までの間に贈るものに関しては、お年賀として渡すことができます。

旦那さんの実家にお正月にお邪魔する場合は、挨拶のあとに「心ばかりではありますが、お年賀のしるしに」といって渡しましょう。

その時は、くれぐれも購入先でもらった紙袋に入った状態で渡さないように。

 

 

スポンサーリンク

 

 

なにを持参するか迷ったら

お年賀の時期に、挨拶とあわせて心ばかりの品を持参しましょう。

とはいっても、結婚して初めてのお正月などお年賀が初めてという場合、何を持って行ったらいいか悩みます。

具体的にはどのようなものを選んでいるのでしょうか?

・お菓子
・食品
・お酒
・タオル
・洗剤 などなど。

 

お年賀のお菓子はどこでも購入できる品よりも、地域限定のものや新年用に販売されているものの方が話題が広がります。

たとえばその年の干支にちなんだお菓子を購入するのもおすすめです。

ほかにも相手先がコーヒー好きなので、コーヒーセットなどを持参するという人も。

最近では東京や地方でもおしゃれな自家焙煎のコーヒーショップが増えています。

話のタネにこうした今人気のコーヒーをお年賀に選んでもいいかもしれませんね。

 

 

スポンサーリンク

 

 

お年賀 ビジネスの場合に気を付けたいこと

ビジネスでお年賀を持参する場合、注意すべき点をご紹介します。

お年賀の時期は、三が日と決まっていますが、この間多くの企業が年末年始休暇をとります。

ビジネスの場合は、遅くても1月7日までの「松の内」に持参するようにしましょう。

また、年始の挨拶は長居しないこともポイントです。

基本はアポイントメントをとる必要はないとされていますが、念のため当日一本連絡しておくことも大切です。

ビジネスでお年賀の手土産の渡すタイミングは、先方に会ってその場で渡します。

品の正面が相手側に向くように渡します。

もちろん紙袋は渡さずそのまま持ち帰りましょう。

ビジネスシーンとはいえ、思わぬものをお年賀として持って行ったがために”自滅”してしまったケースも。

お年賀に文具用品を持参した人が、誤ってハサミを入れてしまったというケース。

ハサミには”縁を切る”といった意味があるため、もらった方はあまりいい気はしないもの。

悪意があったわけではないようですが、せっかく好意で持参したもので相手を怒らすようなことはしないように注意しましょう。

 

 

スポンサーリンク

 

 

-年末年始

error: Content is protected !!

Copyright© lipires , 2018 All Rights Reserved.