年末年始

年始の挨拶メールに返信する場合の注意点!返信メールのマナー

投稿日:

年末年始にメールで一年の挨拶をする人も多いこの時期。

メールは携帯やパソコンなどで簡単に送ることができる便利なツールです。

でも、一定のルールがあることを理解せずに使うとトラブルになる可能性もあります。

返信メールのマナーを意外と知らない人も多いようです。

返信メールのマナーを正しく知って、送る側も受け取る側も気持ちよく新年を迎えたいですね。

ではどんなマナーがあるのか、知っている人も知らない人ももう一度チェックしてみましょう!

 

スポンサーリンク

年始の挨拶メールに返信 「謹賀新年」はダメな理由

年始の挨拶メールの件名や本文に「謹賀新年」といった賀詞を選ぶ人がいます。

確かに年始を祝う言葉なので、絶対使ってはいけないというわけではありません。

しかし、よく考えてみてください。

メールといっても、手紙や電話と変わらないツールだと考えてみると「謹賀新年」や「迎春」といわれてもあまり心に響かないと思いませんか?

やはり本文では冒頭「新年明けましておめでとうございます」と始めたほうがより丁寧な印象になります。

返信メールでも、賀詞で始めるのではなく目の前に相手がいると想像しながら書いてみましょう。

 

 

スポンサーリンク

 

 

年始の挨拶メールに返信 タイトルは大丈夫?

年始の挨拶をメールで受け取ったあと、返信する際に気を付けたいことがあります。

その一つがメールの「タイトル」です。

タイトルなんてどれも同じ?なんて思っていませんか。

実際にこんなタイトルを入力した経験がありませんか?

「お世話になっております」「お疲れ様です」「Hello!」そしてそのまま返信するときに自動的に表記される「Re:」。

こうしたタイトルは、年始の挨拶のメールに返信する際、マナーに反する場合があります。

一般的には「年始のご挨拶」や「新年のご挨拶」といったタイトルを立てるのが正解です。

またNGとして挙げたタイトルの中には、ウィルスメールとも疑われるような件名もあります。

こうしたタイトルは避け、できるだけ返信メールを受け取った人がわかりやすいタイトルにするように心がけましょう。

 

 

スポンサーリンク

 

 

年始の挨拶メールに返信 引用返信はNG?

ビジネスメールのやりとりが多い相手とは、質問した内容などがわかるようにメールを引用して返信することがあります。

ただ、年始の挨拶にもこの引用返信をしていませんか?

年始の挨拶メールが届いたとき、引用返信することは控えましょう。

件名に「Re:」などが入るのもNGです。

年賀メールも一通のはがきと同じものと考えて、1通1通丁寧に返信メールを送るようにしましょう。

 

 

 

 

もらった年賀状にメールで返信、これってOK?

年始の挨拶にメールで返信する方も多いことと思います。

しかし、うっかりミスしてませんか?

その代表例が年賀状でいただいた相手に、メールで返信するという方法。

相手は手間暇かけて年賀状を書いて送ってきているのに、それを簡単なメールという方法で返事することはあまり好ましいことではありません。

また、送った相手も年賀状を期待しているかもしれませんよね。

そうした相手の気持ちを台無しにしてしまいかねない電子メールは使わず、こちらも心を込めて年賀状や手紙などで返信するようにしましょう。

 

 

スポンサーリンク

 

 

-年末年始

error: Content is protected !!

Copyright© lipires , 2018 All Rights Reserved.