年末年始

年始の挨拶回り(ビジネス)はいつまで?手土産おすすめ

投稿日:

 

 

年始の挨拶回り(ビジネス)はいつまでに行くのか、期間はご存知ですか?

自身が挨拶回りに行ったことがなくても、勤めている会社に年始に営業マンが挨拶しに来ている光景をみかけたことはありませんか?

職場でも効率化を求められる世の中になりましたが、こうした昔からの慣習は今も引き継がれています。

むしろこうした現代だからこそ、人と人とのつながりを大切にしたいものです。

また、年始挨拶回り(ビジネス)の手土産選びがまだの方は、ぜひこの機会に選ぶポイントやどんな商品がおすすめなのかチェックしておきましょう。

 

スポンサーリンク

年始の挨拶はする?しない?

あなたは年始の挨拶回りをする派、それともしない派ですか?

会社員であれば、上司からの指示があってする場合も多いでしょう。

また最近個人で会社を立ち上げたという場合は、年始の挨拶はしたほうがいいのでしょうか?

まだ立ち上げたばかりだし、あまり取引先もないからしなくてもいいか…。

そう思ってしないのは、×です。

起業したばかりであれば、これから取引先となったり仕事をお願いするかもしれない可能性がありますよね。

面倒と感じるかもしれませんが、ぜひ年頭の挨拶は行うことをおすすめします。

 

 

スポンサーリンク

 

 

年始の挨拶回りはいつまで?

年始の挨拶回りはいつまでに行くのがマナーとされているかご存じですか?

上司と一緒に回ったことがあるという方も、実はそれを知らずに行っていませんか?

では実際にいつ頃行くのがマナーなのでしょうか?

基本的に「仕事始めの最初の一週間」が、挨拶回りに行く期間と覚えておくとよいでしょう。

例えば仕事始めが1月4日(月)の場合、1月8日(金)までに行くのが年頭の挨拶回りの期間になります。

土曜日や日曜日に営業している会社もありますが、基本的には月曜日から金曜日の間に行くのがマナーです。

 

 

スポンサーリンク

 

 

年始の挨拶回り ビジネスの手土産のポイント

実際に年始の挨拶回りに行くと決めたら、手土産を何にするか決めておきましょう。

手ぶらで行くのは決して印象がいいとは限りません。

ではどんなものをみなさんは、年始の挨拶回り(ビジネス)に手土産として選んでいるのでしょうか?

一般的には「タオル」や「お菓子」「お茶」などを手土産として選ぶ人が多いようです。

大まかに年始の挨拶回り(ビジネス)に手土産で持っていくものは決まっていますが、選ぶポイントをチェックしておかないと大変なことになるので注意しましょう。

ビジネスの手土産選びのポイントは次の4つ。

 

・日持ちするものを選ぶ

・部署で分けられるよう小分けしたものを選ぶ

・冷蔵庫の有る無しをリサーチ

・仕事中につまめるものを選ぶ

 

こうしたポイントに当てはまるものといえばお菓子ですが、お菓子も和菓子や洋菓子と種類もさまざま。

その部署の年齢層なども把握して、年配層が多い部署には和菓子を選んだり事前にどんなものが好まれるかなどもリサーチしておくと良いでしょう。

 

 

 

 

年始の挨拶回り(ビジネス) 手土産おすすめ

ではどんな手土産を持って行くといいのか?おすすめは?

せっかく持っていくのですから、相手に喜んでもらえるものを選びたいですよね。

年始の挨拶でどんな手土産が人気なのかチェックしてみました♪

 

 

■最中(もなか)

意外と日持ちする上、年配の人や若い人でも食べられる商品なので人気です。

最近では縁起がいいと「起き上がり最中」といったダルマ型の商品も販売されています。

 

 

■クッキー

焼き菓子なので生菓子よりも日持ちがするので便利です。

最近では干支をかたどったクッキーも販売されています。

 

 

■地元でしか買えない商品

全国規模で販売しているものよりも、地元でしか買えない商品のほうが珍しく感じます。

また、最近オープンしたばかりのお店の商品なども話題性があり喜ばれます。

 

 

 

年始の挨拶回り(ビジネス)の手土産選びで悩んだら、こうした商品をチェックしながら選んでみるとよいでしょう。

 

 

スポンサーリンク

 

 

-年末年始

error: Content is protected !!

Copyright© lipires , 2018 All Rights Reserved.