年賀状

【謹んで新年のお慶びを申し上げます】の意味や読み方・賀詞の種類・目上には?

投稿日:

 

 

「謹んで新年のお慶びを申し上げます」と書いてある年賀状を見たことはありませんか?

こうした言葉をそこまで気にせず、年賀状を送っているという人は結構多いようです。

「謹んで新年のお慶びを申し上げます」という言葉は、実は大人のマナーとしてぜひ知っておきたい言葉の一つです。

なんとなく、ではなく年賀状を送るこの際しっかりと知識として深めておきましょう。

 

スポンサーリンク

「謹んで新年のお慶びを申し上げます」の意味や読み方

「謹んで新年のお慶びを申し上げます」は年賀状で見かける特殊な言葉ですよね。

こうした言葉を一般に「賀詞」と言います。

お祝いの言葉を「賀詞」といい、年賀状では新年を祝う言葉としていくつか決まった文句があります。

「謹んで~」で始まるこの賀詞は、「明けましておめでとうございます」の意味とほぼ同じでより丁寧な言い回しの言葉です。

相手を尊ぶ気持ちを表す「謹(つつ)しんで」や相手を祝福する意味の「お慶び」といった言葉を使っています。

つまり、より丁寧な言い回しを使っているということになります。

「謹んで新年のお慶びを申し上げます」の読み方は、「つつしんでしんねんのおよろこびをもうしあげます」です。

 

 

 

 

「謹んで新年のお慶びを申し上げます」を使える期間はいつまで?

「謹んで新年のお慶びを申し上げます」という賀詞は、一年中使えるというわけではありません。

あくまでお正月の期間だけ使える文句です。

でも、お正月といってもいつまでをお正月と考えたらいいのでしょう?

地域によっても違いますが一般的に松の内である「1月7日」まで使えると考えてよいでしょう。

ちなみに年賀状も返信や出し忘れも含めて7日までに相手の住所に届くように出すのがマナーです。

賀詞が使えるのは1月7日までと覚えておくと便利です。

 

 

スポンサーリンク

 

 

「賀詞」の種類や読み方

「謹んで~」といった文句以外にも、さまざまな賀詞があります。

ではどのような賀詞があるのか、種類や読み方も含めて再度確認してみましょう。

(二文字)…「賀正(がしょう)」「賀春(賀春)」「迎春(げいしゅん)」「頌春(しょうしゅん)」「慶春(けいしゅん)」「寿春(じゅしゅん)」など。

(四文字)…「謹賀新年(きんがしんねん)」「恭賀新年(きょうがしんねん)」「恭賀新春(きょうがしんしゅん)」「敬頌新禧(けいしょうしんき)」など。

それ以外では…「あけましておめでとうございます」「新年おめでとうございます」「新年のお慶びを申し上げます」「謹んで年頭のご祝詞(しゅくし)を申し上げます」など。

こうして挙げてみると、知らない賀詞が結構あったりして改めて日本語の言葉の深さを感じます。

 

 

 

 

目上の人や上司に使える賀詞とは?

では上記に挙げた賀詞の中で、目上の人や会社の上司宛の年賀状に書ける文句はどれかわかりますか?

目上の人や会社の上司宛に出す年賀状には「四文字の賀詞」を選びましょう。

二文字の賀詞や目下や部下、友人、同僚などに送るときに使う文句です。

目上の人や上司に「賀正」や「迎春」といった賀詞を使わないように注意しましょう。

ちなみに取引先などビジネスシーンで出す年賀状にはどの賀詞を選ぶと良いでしょうか?

やはりこの場合も「四文字の賀詞」がマナーをわきまえた選択になります。

もちろん「謹んで新年のお慶びを申し上げます」は送る人を選ばないので知っておくと便利ですよ。

 

 

スポンサーリンク

 

 

-年賀状

error: Content is protected !!

Copyright© lipires , 2018 All Rights Reserved.