年末の挨拶メール例文!社内・社外 ビジネスで使える文例!

 

年末といえば、どの会社も忙しいですよね。

仕事に追われて年賀状どころじゃない?

近年、年賀状を送ることをやめる企業などもあるようですね。

でも、年末の挨拶メールをするだけで相手が受ける印象はかなりUPします。

年末の挨拶メールを送る注意点などを理解したうえで、気持ちのこもったメールを送りましょう。

 

スポンサーリンク

年末の挨拶メール:社外(取引先など)向け

本来であれば、年賀状に一筆したためてお送りするのが好印象です。

ただ諸事情によりメールを選択する場合は、送る内容に注意が必要です。

長々と書かず、ポイントを絞った書き方がスマートです。

 

 

書くときのポイント

・年末の休業を前に、1年間お世話になった感謝の言葉を添える

・頻繁にやりとりする相手には、直近の案件についてさりげなく確認する

・年末、年始のスケジュールについて案内する

・お休み中に連絡がとれるように緊急連絡先なども明記しておく

 

 

例文

(参考例)件名:年末年始休業のご案内

○×株式会社
営業部 ○○様

平素より、大変お世話になっております。
○○株式会社 営業部の木村でございます。

年の瀬も押し詰まり、ご多忙の日々をお過ごしのことと存じます。

さて誠に恐縮ではございますが、弊社では下記の期間を年末年始の休業日とさせていただいております。

期間中は大変ご迷惑をおかけいたしますが、何卒よろしくお願い申し上げます。
 

◆年末年始営業案内

年末:○年12月○日(○)まで

年始:○年1月○日(○)より

*緊急連絡先:090-○○○-○○○(○○の携帯)

 

 

スポンサーリンク

 

 

年末の挨拶メール:社内向け

各営業所など、社内向けに年末の挨拶を電子メールで送る場合はどのような点に気を付ければいいのでしょうか?

同じ社内同士、マナー違反にならないためのポイントについてご紹介します。

 

 

書くときのポイント

・1年間お世話になった感謝の気持ちを伝える

・メールで失礼ながら…とことわっておく

・結びに”よいお年をお迎えください”と一言添える

・絵文字などは控える、または使う場合には注意する

 

 

例文

(参考例)件名:年末年始のご挨拶

今年も残すところあと僅かになりました。

いろいろとご迷惑をおかけいたしましたが、○○さんのお力添えもあり、何とか乗り切ることができました。

大変感謝しております。

メールで失礼ではございますが、年末年始のご挨拶とさせていただきます。

それでは、どうぞよいお年をお迎えください。

来年も○○部一同、よろしくお願いいたします。

 

 

 

 

うっかり赤っ恥!ビジネスメールの注意点

メールはその場で作成してすぐ相手先に送信できる便利なツールです。

ビジネスのシーンでも今や欠かせないツールです。

しかし、その使い方次第によっては、相手を不快にさせてしまう危険も!

年末の挨拶メールで赤っ恥をかかないためにも、もう一度チェックしておきましょう。

 

注意点1:挨拶メールはBCCで一斉送信しない

注意点2:年賀状をいただいた相手に、メールで返信しない

注意点3:メールに顔文字を付けない

 

どれもうっかりやってしまいそうなことばかり。

特に1の一斉送信は意外とやってしまいがちなので、面倒でも相手ごとに文面を作るようにしましょう。

 

 

スポンサーリンク

 

 

このページの先頭へ