年末挨拶文例!ビジネス・社内で使える簡単な例文!

 

 

年の瀬のあわただしい時期に準備する前に、今から簡単な年末挨拶文をチェックしておきましょう。

年末に近づくにつれて、年賀状作りや買い出し、年始の準備に追われます。

年末休みが入る分、仕事も忙しくなるこの時期こそ、ちょっとした挨拶が相手の心を和ませてくれます。

ここでは立場別の簡単な年末挨拶文、社内などビジネスで使える簡単な例文をご紹介します。

小難しい言葉を並べるのではなく、どんな言葉を加えれば気持ちが伝わりやすくなるのか。

ぜひチェックしてみましょう♪

 

スポンサーリンク

ビジネスシーンで使える 簡単な年末挨拶文例

ビジネスシーンでは当たり障りのないような文例が重宝されます。

具体的には以下のような例文です。

 

~~~~~~~~
平素は格別のご愛顧を賜り厚く御礼申し上げます。

年末年始の営業日は下記のとおりとなっております。

尚、最終日12月○日は午後○時をもって業務を終了させていただきます。

誠に勝手ではございますが、何卒よろしくお願い申し上げます。

来年も変わらぬお引き立てのほど、よろしくお願い申し上げます。

~~~~~~~~

 

ビジネスシーンでの年末の挨拶に、こうした決まった文例も使い勝手がいいのですが、決まりきった言い回しで相手の心に残らない言葉でもあります。

例えば最後にこんな言葉をつづってみてもいいのでは?

「新年に向けてお元気にお過ごしください」。

確かに、ソフトな口調でただでさえ忙しい時期に、はたと我に返るきっかけになりそうな言葉ですよね。

ちょっと気の利いた簡単な年末挨拶文も、添えるだけで印象はぐんとUPしますね。

 

 

スポンサーリンク

 

 

社内の同僚に宛てる 簡単な年末挨拶文例

年末に挨拶するのは、何もお客様や取引先だけではありません。

同じ職場やチームの同僚にも、一年の感謝の気持ちを伝えることも大切です。

社内の同僚には年末の挨拶文に、どんな言葉をつづるとよいのでしょうか。

以下、文例をご紹介します。

 

~~~~~~~~
今年も残すところあとわずかになりました。

1年間、本当にお疲れさまでした。

来年もさまざまな課題が山積していますが、チーム一丸となって取り組んでいきましょう。

まずは休暇中は心身ともにゆっくり休んで、年始に元気に会いましょう。

~~~~~~~~

 

社内の同僚に簡単な年末挨拶文を送る際には、1年間の仕事のねぎらいと休養することを書きましょう。

 

 

スポンサーリンク

 

 

社内の上司に宛てる 簡単な年末挨拶文例

仕事納めの時には、社内の上司宛にも簡単な年末挨拶文を送ると良いでしょう。

送った後にも、上司には直接会って再度自分の言葉で伝えましょう。

ちなみに上司宛に送る例文をご紹介しましょう。

 

~~~~~~~~
この一年、いろいろお世話になりました。

一緒にお仕事させていただき、大変勉強になりました。

来年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

よいお年をお迎えください。

~~~~~~~~

 

ちょっとシンプルすぎると感じるかもしれませんね。

でも、1年間いろいろあったことを思い出して書き綴っても、忙しくしている上司には少しくどく感じるかもしれません。

社内の上司宛に送る年末の挨拶文は、このぐらいでまとめておくとよいでしょう。

 

 

 

 

おわりに

年末は仕事が立て込んだり、休日がある分前倒しになって大変な場合が多いですよね。

そんなときこそ、ほっとできる言葉をつづって1年お世話になった方々に感謝の気持ちをつづるといいですね。

 

 

スポンサーリンク

 

 

このページの先頭へ