長瀞紅葉2018見頃時期・ライン下り・ライトアップ人気の名所は?

 

埼玉県秩父郡長瀞町(ながとろまち)にある、長瀞の紅葉は、町全域に美しい光景が広がります。

ナラやクヌギ、モミジなどの種類は、荒川流域で見ることができますよ。

天然記念物と国指定名勝の指定を受けている岩石群の岩畳は、500mも続きます。

長瀞の紅葉はライン下りをしながら観賞することもできます。

地上からだけでなく川から見る絶景もぜひ堪能してください。

 

スポンサーリンク

長瀞紅葉 見ごろを迎える時期はいつ?


 

埼玉県秩父郡の長瀞の紅葉(ながとろのこうよう)は、毎年10月下旬くらいから11月中旬までです。

10月下旬になると、だんだんと色づいてきます。

特に美しいスポットは、荒川沿いです。

情報によっては、長瀞の紅葉の見ごろの時期は11月中旬から11月下旬まで、または12月上旬までなど違いがあります。

長瀞のもみじが色づく時期はその年の天候などが影響しますので、目安として参考にしてくださいね。

 

 

 

 

長瀞紅葉 ライトアップ人気の名所は?

紅葉のシーズンになると「長瀞紅葉まつり」のイベントとして、長瀞紅葉のライトアップが行われます。

長瀞紅葉のライトアップの名所で人気は、「月の石もみじ公園」「寶登山神社」などです。

長瀞紅葉のライトアップというと、月の石もみじ公園がよく取り上げられています。

神社の紅葉のライトアップというのも趣がありますのでぜひご覧になってみて下さい。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

長瀞紅葉 ライン下り

長瀞のライン下りは、ラフティングなどもたのしめる夏の時期だけでなく、紅葉の時期も人気です。

長瀞のライン下りはまわりの景色をゆっくりと眺めることができる紅葉シーズンにもピッタリですね。

 

コースは、三種類あり、

■Aコース(親鼻橋→岩畳)3キロ・15~20分
■Bコース(岩畳→高砂橋)3キロ・15~20分
■Cコース(親鼻橋→高砂橋)6キロ

です。CコースはAコースとBコースをの両方を通して下ります。

 

 

 

 

長瀞のライン下りは、紅葉シーズンは混雑しますから、2時間待ちなんてこともあります。

土日祝は避けたほうが、混雑を避けれるかもしれませんね。

長瀞のライン下りをしながら紅葉を見れるなんて、とても楽しみですね。

 

・長瀞駅前→親鼻橋
・高砂橋→長瀞駅前

まで無料バスが出ています。

 

 

 

 

宿泊施設・ホテル・温泉


 

埼玉県秩父郡の長瀞の紅葉、周辺の宿泊施設やホテルです。
温泉にゆっくりつかって帰るのはいかがですか?
 ↓ ↓ ↓

ホテル・宿泊施設【楽天トラベル】

 

 

 

長瀞紅葉 アクセス

長瀞の紅葉を見るために、アクセスを確認しましょう。

公共交通機関で行かれる場合、上野駅からは熊谷駅(高崎線で60分ほど)へ行き、さらに秩父鉄道に乗車して50分ほどで到着します。

池袋駅からは、2通りのアクセスがあります。
寄居駅(東武東上線で80分ほど)へ行き、秩父鉄道に乗車して20分ほどです。
西武秩父駅(西武池袋線の特急で80分ほど)へ行ってから、秩父鉄道に乗り換える(20分ほど)ルートもあります。

都心から車で行く場合、国道17号経由で熊谷、さらに国道140号経由で45分ほど走行します。

練馬I.C.を出発する場合、関越自動車道を50分ほど走って花園I.C.へ、さらに国道140号を35分ほど進みます。

 

 

 

 

長瀞紅葉 駐車場

長瀞の紅葉の時期は大変混雑し、特に土日は渋滞になることが予想されます。
駐車場はありますが、有料です。

埼玉県秩父というと、今も豊かな自然を残している魅力的な長瀞の紅葉スポットです。
都心から近いので、週末を利用して行きやすいエリアです。

周辺にも長瀞の紅葉の名所といわれる場所が多数ありますから、ぜひ計画を立てて出掛けてみてください。

 

 

スポンサーリンク

 

 

このページの先頭へ