箕面の紅葉2018見頃や時期・もみじの天ぷら・箕面の滝紅葉

 

大阪府箕面市箕面公園の「箕面の紅葉」は大阪の紅葉スポットとしても有名です。

箕面(みのお)の紅葉は、日本の滝百選にも名を連ねる絶景です。

滝はとても大きく、33mもの高さがあります。箕面の滝は、ハイキングでは必ずと言っていいほど、皆が訪れる名所です。

箕面滝道は自然に恵まれていますので、そのシーズンに応じた樹木が人々の目をひき付けます。

 

スポンサーリンク

箕面紅葉 見頃の時期・場所

箕面の紅葉の場所は、大阪府箕面市箕面公園です。

箕面の紅葉が見頃を迎える時期は、11月中旬から12月初旬です。

11月中旬から色づき始めます。

 

 

箕面の滝 紅葉


 

箕面の滝の紅葉は、最寄り駅からはハイキングコースがあり、3kmくらい歩くと到着します。

日本の滝百選にもなっており、実際に見ると迫力があります。

箕面の滝の紅葉を見るにはハイキングコースを歩きますが、大きく体力を消耗するというよりは、楽しく歩くことができます。

地図があった方が心強いですから、駅の前にある観光案内所でもらうといいですよ。

途中の道では温泉や古い建物の旅館、無料で利用できる休憩所などがあります。

喫茶店もありますので、ひと休みするのに最適です。

 

 

スポンサーリンク

 

 

箕面の猿に注意?

みのおの公園では以前、野生の猿が現れていましたが、現在は、ほぼ見かけなくなりました。

エサをもらうことで人に近付くことに慣れた箕面の猿が、人間に襲いかかるようになったため、本来住んでいた箕面の山へ帰されたようです。

現在は、エサをあげてしまった場合、1万円の罰金を取られることが2010年4月から施行されています。

箕面の猿は大阪近郊で間近で野生のニホンザルを見ることができるとあって人気でした。

現在は山の中に実のなる木を植えたり、山の中に餌場を作るなどして、本来の野生での生活に戻っているそうです。

 

 

 

 

箕面もみじの天ぷら

箕面の紅葉の天ぷら、「もみじの天ぷら」は地元の名物で、多くのお店で販売しています。

天ぷらといっても甘みがありますので、食事ではなくスイーツとしていただきます。

もみじ天ぷらの作り方は、色がついている葉を塩漬けし、1年ほど経ったところで揚げます。

販売しているお店は滝道沿いにたくさん並んでいますので、興味があればぜひ食べてみてくださいね。

箕面のもみじの天ぷらは大阪・箕面の名物であり有名なお土産です。

とてもめずらしいので、箕面へ紅葉を見にハイキングに行かれたときは、お土産にすると喜ばれるかもしれません。

 

 

 

 

宿泊施設・ホテル


 

大阪府の箕面の紅葉、周辺の宿泊施設やホテルです。
ゆっくり体を休めて帰るのはいかがですか?
 ↓ ↓ ↓

ホテル・宿泊施設【楽天トラベル】

 

 

 

箕面紅葉 アクセス・駐車場

大阪・箕面の紅葉のシーズンは大変混雑しますので、アクセスは公共交通機関で行かれた方がスムーズです。
(特に土日祝は周辺道路も混雑、渋滞します。)

電車で行かれる場合は、阪急箕面駅を降りてから北へ歩いて5分ほどで箕面川が見えます。

そのまま川沿いに箕面の滝まで歩くのが箕面のハイキングコースです。

滝までは約40分です。

 

 

箕面の紅葉へ車で行かれる場合、公園内に駐車場はありませんので、阪急箕面駅周辺の有料駐車場、

またはドライブウェイ沿いの大日駐車場(滝の近く)となります。公園内に、一般車両は入ることが出来ません。

府道43号豊中亀岡線のドライブウェイにて、11月の土日祝日は一方通行規制がかけられます。自動車だけでなく、自転車も対象です。

 

 

スポンサーリンク

 

 

このページの先頭へ