寒中見舞いに年賀はがき使用はOK?NG?どんなハガキを使うべき?

 

 

喪中などで年賀状が出せない場合によく使われる「寒中見舞い(かんちゅうみまい)」。

実は寒中見舞いは使い勝手がいい、知っておくと便利な季節の便りです。

寒中見舞いに年賀はがきの使用はOKなのか?

寒中見舞いについてマナーを知っておくと、教養の深い人という印象も持ってもらえます。

寒中見舞いに年賀はがきの使用の是非についてぜひこの機会に知っておきましょう。

 

スポンサーリンク

寒中見舞いとは

そもそも、寒中見舞いとはどういったものなのでしょうか?

暑い夏の季節によく聞くのが「暑中見舞い」ですが、その冬バージョンがこの寒中見舞いにあたります。

1月・2月というと寒さが一段と厳しくなる時期でもあるため、相手の体などを気遣って送る便りが寒中見舞いなのです。

また、寒中見舞いが重宝される理由は「うっかり年賀状を出すのを忘れていた」といったうっかりミスにも使えるという点です。

一般的に喪中などで年賀状を出せない相手に、ご挨拶として出す場合にこの寒中見舞いを使います。

ただ「出し忘れ」や「年賀状を1月7日までに出せなかった場合」「不幸を知らずに年賀状をもらった場合」などでも使うことができます。

 

 

スポンサーリンク

 

 

寒中見舞いはどんなはがきを使うべき?

複数のケースで寒中見舞いが使えると分かったところで、次に疑問なのがどんなはがきを使って書けばいいのかという点です。

年賀はがきが結構余った…。

この際、寒中見舞いに年賀はがきを使用しても大丈夫よね…。

なんて思って年賀はがきを使ったら、それはNGです。

たとえはがきが余ったとしても、寒中見舞いに年賀はがきを使用することはマナー違反になります。

こうした場合には、年賀はがきとは別に「寒中見舞いに適したはがき」を用意しましょう。

 

スポンサーリンク

 

では、「寒中見舞いに適したはがき」とはどういうものなのでしょうか?

郵便局では年賀状の販売時期とあわせて寒中見舞い用はがきの申し込みも受け付けています。

ただ年が明けて1月7日を過ぎると販売しているところがかなり少なくなるので注意が必要です。

たくさん出す場合は、ネットなどで印刷注文することもできますが、数枚しか出さないという場合は郵便局で通常はがき(官製はがき)を購入してもよいでしょう。

通年窓口で販売している通常はがき(官製はがき)を使えば、寒中見舞いとして使えるのでおすすめです。

 

 

 

 

寒中見舞いに一言コメントは必要?

寒中見舞い用のはがきも準備できたところで、さてここで疑問なのが寒中見舞いでも一言添えるべきなのか?

相手が喪中の場合、年賀状の代わりに便りとして出すときは一言書いていいのか迷う人もいるのではないでしょうか?

答えはもちろん、書いてもいいんです。

相手が喪中だからこそ、相手のことを心配して一言添えると受け取った本人も励みになるはずです。

もちろん「今度遊びに行かない?」といった見当違いな言葉は書いてはいけません。

 

 

 

 

まとめ

寒中見舞いは、喪中だけでなくいくつかのケースで使える季節の挨拶です。

年始の挨拶が終わった後に出す寒中見舞いに年賀はがきの使用は厳禁です。

寒中見舞いを意外と知らない人も多いようなので、こうした機会にぜひこうした慣習を見直してみてもいいですね。

 

 

スポンサーリンク

 

 

このページの先頭へ